本文へスキップ

生産年齢人口の現象

現在、日本は少子高齢化現象が進行しています。生産年齢人口減少が進行していくと経済そのものが縮小し、金融業界も頭打ちになってしまいます。企業では人員の合理化でリストラが横行し、正規雇用を縮小して臨時雇用に切り替えている企業も少なくありません。確かに人員を減らせば生産性という分数自体の値は上がりますが、分子の付加価値額(その集積が国全体のGDPです)は、その過程で大なり小なり下がります。つまり「生産性」という途中経過にすぎない変数の上昇を金科玉条にした結果、生産性を上げる過程で、本当は一番重要なはずのGDPの絶対額を下げてしまっているわけです。これでは日本国内の景気が上がるはずもなく、即日融資激甘キャッシングを利用する人も減ってしまうことでしょう。

多重債務

期待収益水準の低下

余りに人件費を切り下げれば当然にそこで労働者が減っていきます。生産年齢人口が減少して労働量不足が続けばなおさらです。だから企業も、どこかで人件費水準を上げて人手を確保せざるを得なくなってきます。市場の縮小を生産年齢人口減少のせいだとは気づかない、単に「景気が悪い」せいだと思い込んでいる企業がこの日本には少ないないのです。彼らの多くはマージンと人件費を削りながら、設備廃棄も商品分野の切り替えもせずに頑張り続けます。そこにまた、資本の出し手(機関投資家や同族)が、期待収益水準の低下を甘受して付き合い続けます。