ブラックリスト

金融機関で融資を受け、その融資が返済出来なくなって債務整理をしてしまうと、信用情報センターに事故情報扱いとなりブラックリストとなってしまいます。一度ブラックリストに掲載されてしまうと、今後五年間はどの金融会社からも融資を受けることは出来ません。

ブラックがどの程度で抹消になるかと言いますと、任意整理で完済から五年間、個人再生で完済から五年間、自己破産で免責確定から五年程度と言われています。

多重債務

ただ、事故情報が登録されてからの期間になりますので、登録された時期によって抹消時期が異なってきます。

したがって、通常は5年〜7年程度と言われます。ブラック情報が抹消されると直ちに信用が回復し、消費者金融やクレジットカードと取引が出来るようになります。

但し定職に就いて決まった収入がある場合です。自分がブラックかどうか気になる方は、信用情報機関に問い合わせて個人情報を開示すれば、状況を確認することが可能です。五年が経過して自分が金融機関から融資が可能かどうか心配の方は、問合わせてみるとよいでしょう。

ブラックでも融資は可能?

たように、ブラックリストの人は100%審査に通ることは不可能です。何しろ借りたお金を焦げ付かせている訳ですから、信用度はゼロということになります。そういったリスクの高い顧客にお金を貸すような金融業者は皆無でしょう。

但し、「そのようなどこからもお金を借りるあてのない人」を相手に金貸しをしている業者が存在します。貸金業登録をしていない違法業者で、いわゆるヤミ金融と呼称される業者です。

闇金業者は自己破産をして官報に載った人間をチェックして、そういった人に対してダイレクトメールなどで融資の案内をしてきます。何しろ違法業者なので利息は高く、取り立ても厳しいのが実情です。一度でも支払いが遅れると大変なことになります。絶対にこのようなヤミ金融では融資を受けないようにして下さい。